離婚相談をするときには費用に注意しておこう

メンズ

解散と清算の違い

グラフと電卓

会社清算と会社解散はよく一緒にされることがあります。解散は会社を終わらせる準備で、清算は資産を綺麗に整理することです。また、清算にはいくつか種類があり一般的なのが通常清算です。

View Detail

証拠を掴んでおく

男性

離婚を決意したときは慰謝料が請求できるかも考えましょう。どうして離婚を決意したのか、その理由から探りましょう。もし相手の浮気や不倫が原因であれば慰謝料が請求できます。また子供の有無によってより高い金額を請求できるでしょう。

View Detail

作るなら司法書士と

スーツの男性

遺言作成を一人で行ない、その作り方が分からず頭を抱えている人もいるでしょう。司法書士に相談することで、作成手順や資産の分配方法を詳しく教わることができ、さらに必要な書類の取り寄せも行なってくれます。

View Detail

一般的な費用と追加金

男性弁護士

離婚を決意してもどうしていいのか解らない場合や離婚したいけどなかなか上手くいかないという場合は離婚相談をするといいでしょう。離婚相談とは弁護士や法律の専門家に相談にのってもらうことで離婚の問題を解決するという方法です。インターネットでも離婚相談と調べると様々な離婚に付いての情報を得ることができます。主に相談できるのは弁護士です。大阪の弁護士に離婚相談をした場合、一般的な費用は約60万円以上です。この他にも財産分与や慰謝料、親権のことなどで追加料金が取られることもあるのです。大阪の弁護士に離婚相談をする費用は大きく2つにわけることができます。先ほども話したように離婚のための費用と追加金です。例えば、離婚相談に関しての手数料や離婚が決まったときの報奨金で30万ずつ払うこともあるでしょう。それに慰謝料をとりたいという場合は、それの数十パーセントというお金を追加報酬として払うのです。財産分与のときも同じように追加で報奨金をとられるでしょう。それを知らずに驚く人が多いのです。大阪で結婚相談をする場合はその辺りもしっかりと踏まえておきましょう。大阪で結婚相談をした場合、最初に支払うお金が着手金です。これは離婚の費用に入るのですが、成功したかどうかに関係なく、その案件を受け付けてもらった時点で支払うことになります。その後、離婚が成功した場合は報奨金が発生します。この2つが離婚に必要な費用です。それらにプラスして追加金が発生するのです。